三橋貴明 著 「日本を破壊する種子法廃止とグローバリズム」③~種子法廃止~ 食を制するものは世界を制する


【三橋貴明】日本の農業とモンサント法~種子法の廃止と農業競争力強化支援法

 

日本を破壊する種子法廃止とグローバリズム

日本を破壊する種子法廃止とグローバリズム

 

種子法廃止。

昨年の森友学園 加計学園問題で大騒ぎしているときの2017年4月に種子法の廃止が決定され

今年2018年に施行されたと言う。

 

 

 

種子法 

そんな法律があったなんて私は全く知りませんでした。

本によれば

今までは都道府県が良質の種を安く農家に提供していたと言います。

良質の種を安く提供できると言う事はそこに税金が投入されています。

種を取るという事はとても繊細で手間暇がかかる作業のようです。

私たちが学校の理科の観察で朝顔を栽培したかと思いますが

私たちが朝顔の種を取るようなそんな無造作なものではなく、もっと厳密なもののようです

 

それゆえにとてもお金と時間と手間暇がかかるようです。

食料安全保障と言う意味からも日本国はここに税金を投入してきました。

税金を投入するためには根拠となる法律がなければなりません。

それが種子法のようです。

 

それがなぜか廃止になったようです。

なぜか?

民間企業が参入できるようにするためのようですね。

外国の多国籍企業も日本の農家へ種子を売ることができるようになります。

これも言わば外圧と言うもので

日本政府もどうしてNOと言えなかったのでしょうか?

今の安倍政権は保守をうたいながら

私にはこの日本国を売り飛ばしているとしか思えません。

 

民間企業でも良質で安全な種が安く提供されてくれれば良いのですが

現実はそうでは無いようです。

 

先程言った通り、種をとると言う事はとても手間ひまと時間とお金がかかり

大きな資本力のある企業でないとできません。

 

アメリカのモンサント社と言う企業がその代表格です。

 

このモンサントと言う会社が日本のこうした市場を狙っているようです。

 

モンサントと言うのは巨大な企業で資本力もあります。

 

ですがベトナム戦争の時に枯葉剤を作った会社としても有名です。

遺伝子組み換えの種も作っているようです。

 

モンサントと言う会社は農薬も作っており

他の国ではモンサントの種と一緒にモンサントの農薬や除草剤つまりモンサントの種しか適用できないものと抱き合わせで売ったりしています。

 

グリフォサポートやラウンドアップなどの除草剤をホームセンターなどで見かけることもあります。

モンサントが作っているようです。

 

テレビCMでもやっていますよね、

「根まで枯らす」とか

「必要な作物は枯らさない」とか言ってますよね。

 

私もラウンドアップの除草剤を使ったことがありますが、

確かに雑草は枯れますけれど、

次に生えてくるときはさらに強烈な雑草が生えてきます。

数回まくと効きにくくなるし、それでいて値段も少々高いと感じました。

ですので、ラウンドアップの除草剤はやめて、手で庭の雑草をこまめに抜き取ることにしました。

そうしたほうがかえって、雑草の処理が早いし

後から強力な雑草が生えてくることもなくなりました。

 

「除草剤」って言う名前ですけれど、言い換えれば「植物」を枯らすことに変わりはなく

いわば「枯葉剤」ですよね。

あーそういえば、モンサント社と言うのは米軍がベトナム戦争で使った枯葉剤を作った会社でしたもんね。

 

この本の最後にはモンサント社の非道を訴えたアメリカの農家がつぶやいた言葉を紹介しています。

「食を制するものは世界を制する」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三橋貴明著「日本を破壊する種子法廃止とグローバリズム」  ②  ~郵政民営化~

 

日本を破壊する種子法廃止とグローバリズム

日本を破壊する種子法廃止とグローバリズム

 

 小泉構造改革からはじまった郵政民営化

日本郵政のこともかかれてありました。ここもグローバル化の波をかぶったところです。

民営化から十数年たち、今は、この郵政民営化についていまいちど、立ち止まって考えるべき時がきたと、私は思います。

この著書にもありましたが

日本郵政と言うのは郵便事業、かんぽ生命、ゆうちょ銀行の3つの部門があります。

かんぽ生命とゆうちょ銀行は黒字ですが

郵便事業は赤字だそうです。

この赤字分をかんぽ生命とゆうちょ銀行が補っているそうです。

こうしてみると農協の実情と似ていませんか?

 

郵政民営化を推し進めたのは小泉政権です。

すごかったですよね、小泉劇場の威力は!

私もその雰囲気に乗ってしまい小泉政権を支持していました。

周りもみんなそうでしたよね、支持率が8割超えた時もありました。

抵抗勢力とか規制緩和とか。民営化すればサービスが良くなるとか利便性が高まるとか もっと安くなるとかそんなこと言ってませんでしたか?

その結果はどうでしょうか?

私が郵便局が変わったなぁと思ったのは

郵便窓口の脇に封筒や便箋やかわいい鉛筆などが売られるようになったことくらいかなぁって思う。

私はメールやTwitterなどでやりとりしていますので

手紙はもうかかないのでそこで買ったことはありません。

民営化になってから、自分自身生活が便利になったとか得をしたとかそういう風に感じた事はありません 、

むしろここにきて

年々郵便代の値段が上がっていることに気づきました。

たまに実家へ荷物などを送るときがありますが

宅配便の値段が少し上がったなぁと感じます。

 

郵便事業ユニバーサルサービスと言って

離島だろうが山間部だろうが僻地だろうが

そこに人間がいて郵便物がある限り赤字覚悟で届けなければなりません。

最近では手紙やはがきを書く人も減り今は電子メールの時代です。

私も年賀状は書かなくなりました。

昨年から郵便代 宅配便代が

値上がりしましたね。

やはり民営化すると利益を追求していかなくてはならないので、今まで通りのサービスを続ける ためには

郵便の値段が上がるのも当然です。

三橋貴明氏も指摘していましたが、いずれ郵便事業に対して我々の税金が投入されるだろうと。

そうすれば一体何のための郵政民営化だったのでしょうか?

民間の活力を活用して効率化はかって

税金の支出を抑えるための民営化だったのではなかったのですか?そんなふうに私は解釈していました。

 

郵便局と言うのは非正規労働者 つまりパートやアルバイトが多い職場です。

昨年のインターネットにニュースで見ましたが

ショッピングセンターのイオンと並んで郵便局も非正規労働者が多い職場と書かれてありました。

グローバル化ってこういうことなのですよね。

経営者側は競争に勝たないといけないので

人を安い賃金で働かせて 経費節減。

 

私も時々 郵便局の本局に会社の郵便物を出すために行きますが、

職員通用口からたくさんの人が出入りしている姿を見ます。多分パート アルバイトの人でしょう。

若い人もいますが

割と歳を取った人も見かけます。

60歳代後半位の人です。

多分 年金だけでは生活できないし

まだ60歳代後半と言うと体も動くので郵便局でアルバイトをしているのでしょう。

 

イオンなどでショッピングカートを押して整理している

おじいちゃんの姿を見ると身につまされます。

こうしてみると年金だけで暮らせる年寄りはすでに「セレブ」と言ってもいいのではないでしょうか?

国は我々国民に対していつまで働けと言うのでしょうか?

老後は年金だけで十分に幸せに暮らせる豊かな国になってほしいです。

 

 

三橋貴明 著 「日本を破壊する種子法廃止とグローバリズム」 ① ~農協解体~

この本です。

 

日本を破壊する種子法廃止とグローバリズム

日本を破壊する種子法廃止とグローバリズム

 

 

図書館から借りてきて読みました。といっても全部読んだわけではなく、

私は特に種子法や今の日本のおかれている状況を知りたかったので、

歴史的なことを書いている第一章と二章はさらっとよんで、すっとばし、

第三章の「農協が存在する意味」の部分から読みました。農協は地方、特に農業王国の私が住んでいる東北地方では身近な存在です。

著書では、農協も今はアメリカ様からの外圧にさらされて、解体の危機にあるといっています。

こういうのが「グローバリズム」というやつで、国境に関係なく、早い話が巨大企業が国ごと飲み込んで、その国の法律を変えて

その国や国民はどうなってもいいから、とにかく金さえ巨額に

儲かればいいといわんばかりに、その国を食い尽くす輩です。

グローバリストとも言われています。

 

農協は、いろんなことやっていますね。

金融、保険、ガソリンスタンド、介護事業 旅行業、小売、農業資材の提供などなど。

既に地方のインフラになっています。

小売業がないと人々は生活できません

農協というのは「協同組合」

「おたがいさま、おかげさま、助け合い」の精神に根ざしたものからきています。

小さな個人、農家では大手資本には立ち向かっていけないけれど、それらの小さな存在がひとつにまとまってつくったものが協同組合だと

 

だから利益追求はしていません。

民間の株式会社ですと、利益追求が目的なので、山間部の過疎地などに小売店などは出店しませんよね。

でも、日本ではどんな過疎地でもAコープとかあって農協でやっているお店が農家や近隣住民の生活を支えています。

農協のお米や野菜を生産したりする経済活動部門は赤字だそうです。

農協の経済生産活動部門が民間企業と同じように利益追求すると農産物がバカ高くなってしまうそうです。

そうなってしまうと野菜や果物などの農産物の値段がとても高くなって国民生活が苦しくなります。

その赤字を補填するのが

共済等の保険金融分野のようです

 

農家の人ではなくても、農協の共済保険にはいっている人もいますよね。農家さんなどの正会員以上に農家でない人もたくさん農協の共済に入っています。

アメリカのグローバル企業などは、この農協の金融部門である共済保険の分野を特にのどから手がでるほどほしいようです。

この市場規模は何十兆円ともいわれています。

 

もし農協が解体し株式会社すると日本の地方は一体どうなるのでしょう?

経済生産活動分野が赤字なので山間部や離島等の過疎地からは撤退するでしょう。小売店やサービス業がなくなると人間は

そこに住んでいられません。

山間部や離島等

人が住まなくなったら一体どうなるのでしょう?

国家安全保障の意味でも農業が大切です。

農協解体の先には農業そのもの株式会社化し 外資の参入を促すことになり

そこで利益が取れないとなると農地を売り払うことになる可能性もあります。

外資系企業が農地を買い つまり外国人が日本の土地を購入することにもなってくるので

日本国の国家安全保障の意味でもどうなんでしょうか?

そういうことを三橋氏は、問いかけています。

なんだか郵政民営化に似ているなぁと思いました。

小泉進次郎氏はこの農協改革をしたいようです。

若く爽やかでイケメンなので小泉進次郎氏はイメージが良く人気が高いのですが、

小泉親子2代に騙されてはいけないと思いました。

農協改革なんてそれほど必要なことなのでしょうか?


三橋さんはいろいろラジオにも出演されてます。

YouTubeでも見れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「手ぶらで生きる」 ミニマリストしぶ

 Twitterやブログでお馴染みのミニマリスト

しぶさんの著書です

著者のしぶさんは現在23歳とお若い方です。

第1章から第6章まであり  合計50項目ありました。

ミニマリストとは

より少なく

しかしよりよく生きる  ことだそうです。

 

 

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

 

 

 

 

 

 

私も断捨離を実践していますので

この本に書いてあることは既に実践済みだったり、

深く頷く項目もありました。

やましたひでこさんの断捨離も三部作があります。

「断捨離」「俯瞰力」「自在力」です。

 

人生を変える断捨離

人生を変える断捨離

 

 

 

新・生き方術 俯瞰力 続・断捨離

新・生き方術 俯瞰力 続・断捨離

 

 

 

新・ココロの片づけ術 自在力

新・ココロの片づけ術 自在力

 

 

 

 

 

 

私はこれを全部読みましたが、5年くらい前に読んだ「俯瞰力」や「自在力」はそのときはよく読みこなせず、また腑に落ちてきませんでした。

私は、「俯瞰力」や「自在力」を読みこなせるほど そのときは まだまだ、そこまでの境地に達していなかったのでしょう。

この「手ぶらで生きる」はこの断捨離の三部作をぎゅっと詰め込んだ感じがしました。

 

「手ぶらで生きる」

ここに書いてある50項目全て実践するのではなく、

まずは自分軸をしっかり持ち、

自分にとって取り入れたいと思えば取り入れ

合わなかったら、取り入れなければ良い・・・

そういった感覚で私は読み進めました。

この本に書かれて合った、

コーヒーなどのカフェイン絶ちは取り入れました。

今、実行中です。

明らかに私はコーヒーの飲みすぎでしたので。

確かに気持ちが安定し、体の調子もよくなってきました。

 

 

特に私がはっとさせられたのが次の項目です。

 

 

 46. 何が嫌いかをはっきりさせる  

    「あれが好き、これが嫌い」と言えるのがミニマリスト

→嫌いがわかることによって自分の好きなものがわかる

 

 47.  人を傷つけ、人から傷つけられることを恐れない

   「そういう考えもあるよね  」で終わらせない

自分の意見はうやむやにしない →

これは職場での会議で応用したいと思いました

職場での会議の際は自分の意見を持って出席すること

AでもなければBでもないと言って

延々と続く不毛な会議を終わらせたい

 

 

 49.  利益をもたらす人間としか付き合わない

    ここで言う利益とは「気遣いができ、

話が面白くて尊敬できる、なんか居心地が良い」など。

 

 

私自身、断捨離でものは随分と減らしました。

今度は自分の時間、人間関係、思考、行動にまで変化が及んできている段階なんだと思います。

 

だから、この3つの項目にはっとさせられたのだと思います。

 

何が自分にとって嫌いかをはっきりさせること 

そしてなぜ自分がそのものに対して嫌いなのかを考えること

 

日常で感じたちょっとした違和感や

嫌悪感などうやむやにせず

ときにははっきりと周りに伝えることも大事だと気付きました。

これから私はそれを実践していきます。

 

 

私自身も人間関係や

自分の思考をもっと身軽にして生きたいのです。

 

ときにはなんとなく息苦しさを感じてしまうのは

自分自身の

こうした点が原因だと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心理療法家 川畑のぶこ先生の著書

 

 

断捨離のやましたひでこ先生つながりで、川畑のぶこさんの存在を知りました。

この本を読んだことがあります

 

 

メンタル断捨離で心の換気! 「怒り」をすっきり整理する

メンタル断捨離で心の換気! 「怒り」をすっきり整理する

 

 

 

 

これらの本に書いてあることのなかで、私も思い当たること多数ありました。

人に相談されたときに、自分がアドバイスをした通りに、相手がしないことに対してなんだか、とても腹が立つというもの。

その影には、こんなにも相手に対して、自分の多くの時間を費やしたのになんだか自分は損をしている・・・

損に対しての不公平感を求める気持ちがあると書かれてあり、はっとしたことを覚えております。

 

また、人というものは無意識でもすでに自分なりの答えをもっていて、人に相談してくるというときは自分の考えを整理したい表れ・・・

とも書いていたと記憶があります。

確かにそうなんですよね・・・私もそうですから。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

宣伝です。

本好きな方はどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松原惇子先生と 藤原直哉先生の「意外な」対談

ユーチューブでみつけました

 

 

松原先生の本は私も何度も読んでいます。

私の過去記事

bookcafe-tatukohime.hatenadiary.com

 

この藤原先生との対談、なんか意外な感じがしました。

この対談のなかでは松原先生の著書「老後ひとりぼっち」を取り上げていました。

 

老後ひとりぼっち (SB新書)

老後ひとりぼっち (SB新書)

 

 

 

 

 

おふたりともNPO法人を立ち上げてるので、それの接点かなと思いました。

松原先生のほうが年上ですけれど、

日頃、世界情勢などを自信をもって語っていた藤原先生が、

松原先生の前ですと、ちょっと「ひけている」というか「たじたじになっている」という印象を受けました。

松原先生は、本音をズバズバいうところが小気味よく、とても楽しい対談となっていました。

 

この対談のときの質問コーナーで、ある男性が「定年後、女性というのは男性とまったく違う人種だということに、気づいた」

「女性というのは、男性とはまったくちがう考え方をする、新鮮」みたいなことをいっていました。

またある男性は「自分が女房に死なれたらこまってしまう」などと語っていて、松原先生のこたえがまた小気味よく、面白かったです。

そうですね、松原先生も言っていたけれど、女性は、どちらかというと、政治には興味がなく、

男性の場合は、政治とか外交とか大きな視点でものを考えられるところがあると思いますね。

松原先生を見て秋田の実家の私の母と なんとなく似ていると思いました。

年代は松原先生のほうがずっと若いです。

母は松原先生のように垢抜けしているわけでもなく、秋田弁丸出しだけれど、母も松原先生のように世の中の人の本音をよく見抜いるもんだなあと、娘の私は感心するところがあります。

 

松原先生の本も読み終えたのでメルカリに出してみました。

 

 



 

 

 

 

研修出版の雑誌「経理ウーマン」

この本は、ネットでしか売っておらず

一般の書店には置いてありません。

定価は送料込で税込950円。

自宅のポストに届きます。

私も、ちいさな会社で総務経理の事務仕事をしていますので、仕事に役立つ実務的な雑誌はないかと探していたところ、見つかりました。

7年から8年前くらいには知ってて、たびたび購入しておりました。

年間予約購読もありますが、私は自分が興味がある特集が組まれると買っております。 

2018年5月号は特集記事が「社員が60歳定年を迎えたときの手続き便覧」ということで興味をもち購入しました。

私の職場も「高齢化」が進み、定年を迎える社員もでてきました。

 

自分自身の勉強のためにも知ってて損はない情報だと思いました。

この雑誌ですが、ネットで注文してから、自宅に届くのは1週間後です。

そして代金は、郵便局で支払うシステムです。

届くのも遅いし、

振込窓口の郵便局も夕方4時までしか空いておらず、なんだか手間隙がかかるなあと思いました。

(コンビニ支払いが出来ればいいなと思います。コンビニ支払いはいまのところできないようです)

それに私は、自分が興味のあるところしか読まないので、950円は少し高いかなと思っています。

私はメルカリをやってますが、今度からメルカリに出ていたら買おうかと思っています。

そんな人もいることを期待して、この雑誌、メルカリに出してみました。

ご興味のあるかたは、ぜひどうぞ!