「手ぶらで生きる」 ミニマリストしぶ

 Twitterやブログでお馴染みのミニマリスト

しぶさんの著書です

著者のしぶさんは現在23歳とお若い方です。

第1章から第6章まであり  合計50項目ありました。

ミニマリストとは

より少なく

しかしよりよく生きる  ことだそうです。

 

 

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

 

 

 

 

 

 

私も断捨離を実践していますので

この本に書いてあることは既に実践済みだったり、

深く頷く項目もありました。

やましたひでこさんの断捨離も三部作があります。

「断捨離」「俯瞰力」「自在力」です。

 

人生を変える断捨離

人生を変える断捨離

 

 

 

新・生き方術 俯瞰力 続・断捨離

新・生き方術 俯瞰力 続・断捨離

 

 

 

新・ココロの片づけ術 自在力

新・ココロの片づけ術 自在力

 

 

 

 

 

 

私はこれを全部読みましたが、5年くらい前に読んだ「俯瞰力」や「自在力」はそのときはよく読みこなせず、また腑に落ちてきませんでした。

私は、「俯瞰力」や「自在力」を読みこなせるほど そのときは まだまだ、そこまでの境地に達していなかったのでしょう。

この「手ぶらで生きる」はこの断捨離の三部作をぎゅっと詰め込んだ感じがしました。

 

「手ぶらで生きる」

ここに書いてある50項目全て実践するのではなく、

まずは自分軸をしっかり持ち、

自分にとって取り入れたいと思えば取り入れ

合わなかったら、取り入れなければ良い・・・

そういった感覚で私は読み進めました。

この本に書かれて合った、

コーヒーなどのカフェイン絶ちは取り入れました。

今、実行中です。

明らかに私はコーヒーの飲みすぎでしたので。

確かに気持ちが安定し、体の調子もよくなってきました。

 

 

特に私がはっとさせられたのが次の項目です。

 

 

 46. 何が嫌いかをはっきりさせる  

    「あれが好き、これが嫌い」と言えるのがミニマリスト

→嫌いがわかることによって自分の好きなものがわかる

 

 47.  人を傷つけ、人から傷つけられることを恐れない

   「そういう考えもあるよね  」で終わらせない

自分の意見はうやむやにしない →

これは職場での会議で応用したいと思いました

職場での会議の際は自分の意見を持って出席すること

AでもなければBでもないと言って

延々と続く不毛な会議を終わらせたい

 

 

 49.  利益をもたらす人間としか付き合わない

    ここで言う利益とは「気遣いができ、

話が面白くて尊敬できる、なんか居心地が良い」など。

 

 

私自身、断捨離でものは随分と減らしました。

今度は自分の時間、人間関係、思考、行動にまで変化が及んできている段階なんだと思います。

 

だから、この3つの項目にはっとさせられたのだと思います。

 

何が自分にとって嫌いかをはっきりさせること 

そしてなぜ自分がそのものに対して嫌いなのかを考えること

 

日常で感じたちょっとした違和感や

嫌悪感などうやむやにせず

ときにははっきりと周りに伝えることも大事だと気付きました。

これから私はそれを実践していきます。

 

 

私自身も人間関係や

自分の思考をもっと身軽にして生きたいのです。

 

ときにはなんとなく息苦しさを感じてしまうのは

自分自身の

こうした点が原因だと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心理療法家 川畑のぶこ先生の著書

 

 

断捨離のやましたひでこ先生つながりで、川畑のぶこさんの存在を知りました。

この本を読んだことがあります

 

 

メンタル断捨離で心の換気! 「怒り」をすっきり整理する

メンタル断捨離で心の換気! 「怒り」をすっきり整理する

 

 

 

 

これらの本に書いてあることのなかで、私も思い当たること多数ありました。

人に相談されたときに、自分がアドバイスをした通りに、相手がしないことに対してなんだか、とても腹が立つというもの。

その影には、こんなにも相手に対して、自分の多くの時間を費やしたのになんだか自分は損をしている・・・

損に対しての不公平感を求める気持ちがあると書かれてあり、はっとしたことを覚えております。

 

また、人というものは無意識でもすでに自分なりの答えをもっていて、人に相談してくるというときは自分の考えを整理したい表れ・・・

とも書いていたと記憶があります。

確かにそうなんですよね・・・私もそうですから。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

宣伝です。

本好きな方はどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松原惇子先生と 藤原直哉先生の「意外な」対談

ユーチューブでみつけました

 

 

松原先生の本は私も何度も読んでいます。

私の過去記事

bookcafe-tatukohime.hatenadiary.com

 

この藤原先生との対談、なんか意外な感じがしました。

この対談のなかでは松原先生の著書「老後ひとりぼっち」を取り上げていました。

 

老後ひとりぼっち (SB新書)

老後ひとりぼっち (SB新書)

 

 

 

 

 

おふたりともNPO法人を立ち上げてるので、それの接点かなと思いました。

松原先生のほうが年上ですけれど、

日頃、世界情勢などを自信をもって語っていた藤原先生が、

松原先生の前ですと、ちょっと「ひけている」というか「たじたじになっている」という印象を受けました。

松原先生は、本音をズバズバいうところが小気味よく、とても楽しい対談となっていました。

 

この対談のときの質問コーナーで、ある男性が「定年後、女性というのは男性とまったく違う人種だということに、気づいた」

「女性というのは、男性とはまったくちがう考え方をする、新鮮」みたいなことをいっていました。

またある男性は「自分が女房に死なれたらこまってしまう」などと語っていて、松原先生のこたえがまた小気味よく、面白かったです。

そうですね、松原先生も言っていたけれど、女性は、どちらかというと、政治には興味がなく、

男性の場合は、政治とか外交とか大きな視点でものを考えられるところがあると思いますね。

松原先生を見て秋田の実家の私の母と なんとなく似ていると思いました。

年代は松原先生のほうがずっと若いです。

母は松原先生のように垢抜けしているわけでもなく、秋田弁丸出しだけれど、母も松原先生のように世の中の人の本音をよく見抜いるもんだなあと、娘の私は感心するところがあります。

 

松原先生の本も読み終えたのでメルカリに出してみました。

 

 



 

 

 

 

研修出版の雑誌「経理ウーマン」

この本は、ネットでしか売っておらず

一般の書店には置いてありません。

定価は送料込で税込950円。

自宅のポストに届きます。

私も、ちいさな会社で総務経理の事務仕事をしていますので、仕事に役立つ実務的な雑誌はないかと探していたところ、見つかりました。

7年から8年前くらいには知ってて、たびたび購入しておりました。

年間予約購読もありますが、私は自分が興味がある特集が組まれると買っております。 

2018年5月号は特集記事が「社員が60歳定年を迎えたときの手続き便覧」ということで興味をもち購入しました。

私の職場も「高齢化」が進み、定年を迎える社員もでてきました。

 

自分自身の勉強のためにも知ってて損はない情報だと思いました。

この雑誌ですが、ネットで注文してから、自宅に届くのは1週間後です。

そして代金は、郵便局で支払うシステムです。

届くのも遅いし、

振込窓口の郵便局も夕方4時までしか空いておらず、なんだか手間隙がかかるなあと思いました。

(コンビニ支払いが出来ればいいなと思います。コンビニ支払いはいまのところできないようです)

それに私は、自分が興味のあるところしか読まないので、950円は少し高いかなと思っています。

私はメルカリをやってますが、今度からメルカリに出ていたら買おうかと思っています。

そんな人もいることを期待して、この雑誌、メルカリに出してみました。

ご興味のあるかたは、ぜひどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森 功 著 「日本を壊す政商」 ③軽量級の政商

この本です。

 

日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈
 

  

最後のまとめとして、森功氏はこの南部氏のことを

「軽量級の政商」と書いています。

企業家としての確たる理念もなく 独創性も感じられない、

かつての小佐野賢治氏や堤泰次郎氏のような迫力がない、一方で、接待やパーティーなどを通じて人脈を広げるのには長けている、などと書いていました。

南部氏は兵庫県神戸市の出身、三人兄弟の三番目、父上もやはり実業家でした。

南部氏は関西大学の出身で、学生時代に家庭教師派遣などの起業をしていたようです。

南部氏は学生時代、神戸市内のこどもたちの家庭教師のアルバイトをしているときに、今の人材派遣業の原型を思いついたようです。

家庭に入って専業主婦になり

今は働いていないだけど、元は商社で働いていた経験があり、上智大学大阪外国語大学の英文科を卒業していて高学歴のお母さんたちがたくさんいたそうです。

彼女たちは、英語が堪能です。

それをみた南部氏は、短時間でも働けて、本来の技能を生かせる派遣業を思いついたようです。

女性が埋もれている才能技能を生かしていく…。

発想としては、いいなあと私も思います。

私も、このパソナの広告を見たことがあります。

パソナとなる前はマンパワースタッフとか、テンポラリースタッフだとかいう社名でした。

主婦向けの雑誌によく載っていましたね。

 

大学の英文科を卒業した、英語が出来る、都会の高学歴の主婦向け・・・というイメージでした。

そのときは法律的にも派遣事業が通訳や秘書などの特殊技能をもった人限定だったので、短時間で働けて高収入といった印象の広告でした。

この人材派遣業という商売の原型は、古くは戦国時代からあったようです。

江戸時代では、徳川幕府江戸城をつくるのに多くの労働力がいわば「派遣」で集められた

とのこと。

昔は「口いれ稼業」とかいわれ、わりと蔑まされていたようです。

今も陰では「ピンハネ商売」などと言ったりもします。

その蔑まれるような商売を、巧みなイメージ広告で、良いイメージをつくりながら売上を伸ばしてきたのがパソナだとも森氏はそう書いていました。

いい時流にうまく乗ってきた会社ですね。

また、森氏は、軽量級の政商に、また軽量級の政治家が群がる・・・とも書いていました。

そうですね、わけのわからないカタカナのイメージ、掛け声だけのスローガン政策だけが先行し、

実際の政策の中身がなんなのかわからない、

そしてそれが果たして確たる政治結果があるのか?

国民の暮らしを良くしているのか疑問・・・

そんな今の安部政権を思い出しました。

安倍総理も南部氏とは昵懇だと聞きました。

雰囲気が似ているので、似たものどうしということで、波長があうのでしょう。

森氏の最近の著書では安倍総理のことも書いています。

これです。

加計学園問題のことのようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森 功 著 「日本を壊す政商」 ② 竹中 平蔵 氏 がでてきました

この本の中に 出てきました。

 

日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈
 

 

 

 

竹中平蔵氏といえば、小泉政権で活躍したひとという印象が強いです。なんでもかんでも規制緩和する・・みたいなそんな印象です。

竹中氏は、テレビなどにでるときも肩書きは

○○大学教授であり、大学の先生なんだ・・・っていう印象が強いです。

一民間企業である「パソナ」の会長であることは、なんだか隠しているような感じがします。

知らない人も多いんじゃないかな。

2009年8月から竹中平蔵氏は、パソナの会長に就任したようです。

パソナは人材派遣業の大手です。

竹中氏と南部氏が知り合ったきっかけ、それは南部氏がまだ若いころ、父上に連れられて、経済企画庁などにあいさつまわりにいったときのようです。

そこに竹中氏がいたらしいですね。

竹中氏は、現在、産業競争力会議とかの委員などもしておられます。

内容はよくわからないのですが、ナントカ諮問会議・・・と名前のつくものは、多くの経済界の重鎮や

学者、大物企業経営者が名を連ねています。

そこで話し合われたことが、そのまま日本国の政策に反映されているようです。

でも、これっておかしくないですか?

選挙で国民から選ばれた国会議員などが国会で決めた政策ならば、国民の意見が反映された民主主義的だといえるけれど、選挙でえらばれてもいない、一企業の社長さんたちの意見で国の政策が決められてしまう。おかしいですよ!

米国にもこうしたシステムはあるようで、「回転ドア」といっているようです。面倒な野党の突っ込みを回避できて、国民の反対もかわして、すぐに閣議決定で日本国の方針が決まる・・・

ある意味すごく効率のよいシステムなのでしょう。

ナントカ諮問会議というのはとりわけ「日本版回転ドア」とでもいったらいいのでは?

昨今は、テレビのニュースでみると、このナントカ諮問会議には外国人もまじっていますね。

竹中平蔵氏のように、一民間企業の会長がナントカ諮問会議にいて、

日本国の政策についてあーだこーだと話し合っていることが、自分たちがいる会社の商売がうまくいくような政策を提言し、利益を生み出すように仕向けている「我田引水」に見えませんか?

パソナはおかげさまで公共ビジネスで利益をだしています。

防衛省の福利厚生を一括受託したそうです。

労働の自由化をうたって、労働市場の規制を緩和し、

 

人材派遣会社に有利なようにもっていっているようにしか見えません。

民間企業にとっては、固定費を抑えたいので、安く使える派遣に魅力を感じています。

企業の採算が合わなくなったらすぐクビに出来る、

人を「部品」のように扱っている場面が映画「ハゲタカ」にもありました。

製造業の人材派遣の規制緩和をすすめたのも竹中平蔵です。

これがいろんな意味で大きな転換点になったと思います。

リーマンショックのときに大量の派遣切りがあり、こうした製造業の派遣の人たちが首を切られ社会問題になりました。

竹中平蔵氏は新自由主義とか言う政策の一派のようで アメリカのように日本も規制緩和して産業の競争力を高める方針のようです。

安倍政権も竹中平蔵氏の意見に賛同しているようです。

おかげで非正規雇用の人間が増え 仕事を掛け持ちしないと生活が成り立たない人が増えました。

企業側も競争が激化した挙句 結局残ったところは大手企業などの競争力の高い企業。競争激化どころか、競争に勝てなかった中小企業は撤退を余儀なくされるので、大企業の寡占化が進みます。

これはオバマ政権時代のアメリカ国内にも似ています。

竹中平蔵氏はアメリカ留学の経験があります。

竹中氏は日本もアメリカのようにしたいのでしょうか?

地方の中小企業経営者はこの竹中平蔵氏のことが嫌いな経営者も多いです。

私の勤めている職場(中小企業)の社長も竹中平蔵氏のことをよく思っていません。

アメリカ国内でもこのような状況のようですが

アメリカファーストのトランプ大統領の出現で、アメリカも「国」を取り戻しつつあります。

規制緩和ですが、規制緩和しすぎてはいけない分野もあると思います。

医療や教育 水道などの分野です。

しかし 日本はどんどん規制緩和してその挙句 我々国民の生活が苦しくなってきていませんか?

税金や保険料の値上げがひどいし 物価も上がってきています。

私自身も生活がもっと楽になったらと思います。

防衛費ばかり増えて 医療費や年金は削られ 生活保護費や障害者手当までも減額?!すると言うニュースもありました。

国家戦略特区の話し合いでも竹中平蔵氏は絡んでいます。

国家戦略特区やナントカ諮問会議っていうのは

会議に参加している社長さんのごく一部の大企業や

総理と仲の良いお友達にだけ恩恵をもたらすものとしか私には思えてなりません。

 

おなじくはてなブログにて、詳細に竹中平蔵氏の「実績」を書かれたかたのブログをみつけましたよ。

ブログ書いたかたもすごい取材力ですね!

びっくりしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森 功 著 「日本を壊す政商」 ① 歌手のASUKAさん逮捕のことがでてきました

この本です

 

日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈
 

 

 

私のツイッター

 

 

 

歌手のASUKAは、2014.5.17 に覚せい剤やってたことで逮捕されました。

逮捕時、愛人と一緒だったいうことでこれも世間を騒がしました。

私もASUKAさんの歌は好きでよく聞いていたので 逮捕のニュースはとても残念でした。

私は相手の愛人のことはよく知らなかったのですが、「六本木とか銀座のホステスさんだったんだろう、よくある話」と思っていて、とにかくASUKAさんの逮捕がとてもショックでした。

この愛人のかた、青森県津軽地方の出身だそうですね。

青森県津軽地方もまた美人が多いところです。

この愛人のかたは、タレントの安めぐみさん似の色っぽい美人でした。

この愛人は、実は人材派遣会社大手のパソナの関連会社の社員だったことは、私はこの本で初めて知りました。

 

このパソナ元社員の愛人がどうして、歌手のASUKAさんと知り合ったかというと、パソナの迎賓館といわれる「仁風林」で知り合ったようです。

 

仁風林(にんぷうりん)は派手好きな南部社長がセレブを接待するための場所なのだそうです。

この愛人は仁風林でセレブたちの接待係をしていたようです。「一線」を越えた接待もあったのでしょうか・・・・

 

仁風林は東京の元麻布にあり、江戸時代の旗本たちが武家屋敷を構えた一角にあるそうです。

ここに集まる人は、大物政治家、若手政治家、高級官僚、大手企業経営者、有名芸能人、スポーツ選手などありとあらゆるセレブたちが集うところのようでした。

安倍総理昭恵夫人も来ていたことがあるとか・・・・

 

このASUKA逮捕の事件があった2014.5月からは、セレブたちもここに集わず、仁風林 じたいも

ひっそりとしているようですが・・・

余談ですが、前原誠司氏の奥さんも元はパソナの社員です。

パソナの代表室の秘書をしていたそうです。

前原氏が、南部氏に挨拶にいったことで、そこで前原氏がひとめぼれしたらしい。

前原氏の奥さんはとても美人ですよね。

だけど・・・

いかにも頭の軽い、前原氏だと私は思いました。

 

 

パソナの秘書室はとても美人が多いそうです。

南部社長が集めてきたとも・・・

ミスコンテストで優勝するような人や、モデルみたいなスレンダー美人がいるようです。

そんななかで企業経営をしてみたいという「野心」のある美人には、南部社長がバックアップして、社長にして関連会社を任せていたりしたこともあったようです。

美人が野心をもつと、不幸になる・・・

面倒なことに巻き込まれる・・・

なんだかリアル「黒皮の手帳」みたいなこともあるみたいだなあと私はそう思いました。

本当に林真理子氏や松本清張氏の小説にでてくる世界は、実際に、ほんとにあるんだなあと思わされました。