「沈みゆく大国アメリカ 逃げ切れ日本の医療」 堤未果著

 

 この本です。

 

何回も読み直しています。

この本を読むとよくわかるのですが、

日本の健康保険制度と、アメリカのオバマケアは、まったく違うものだということがわかります。

それなのに、日本の報道機関はほとんどすべてといっていいくらい、

オバマケア=国民皆保険と書いていて、日本の健康保険制度と同じものだというイメージで報道している。

そんなイメージを刷り込まれているせいか、

私も周りの知人に「オバマケアの中身ってちゃんと知っている?」

というと、きまって「日本の健康保険制度と同じシステムなのでしょう?」

と答える人のなんと多いことか!

オバマケアのその中身自体を、きちんと報道している日本のメディアは、

私が見た限りでは、ほぼ「ない」といってもいいと思います。

オバマケアというのは、民間の保険を買うことなのですよ。

そして、車の保険のように

免責30万円とかあり、治療費が30万円を超えたら保険金が出るけれど、

30万円は自費ということになります。

 

私も以前、アメリカに出張に行った人に「アメリカの医療費ってどう?」

と聞いたところ、

「ものすごく高い、あんなところには住んでいられない」と言っていましたね。

 

 

今朝の新聞(福島民友新聞 読売系です)

で、トランプ大統領が提案しているオバマケア撤廃法案が否決されたと報道していました。

 

文脈は相変わらず、オバマケアの中身については報じていなくて、

国民皆保険」と書いており、日本の健康保険制度と同じものと

錯覚させるような書き方です。

 

また、この本では、今、加計学園問題で出てきた

「国家戦略特区」の危険性にも触れています。