塚田さんの 日本国憲法を口語訳しみてみたら 「前文」

まずは 前文 よんでみました

 

 

増量 日本国憲法を口語訳してみたら (幻冬舎文庫)

増量 日本国憲法を口語訳してみたら (幻冬舎文庫)

 

 

前文は 「日本国憲法」の全体像を表していると私は思いました。

中学校の社会科の授業でもやったかと思いますが

国民主権、平和主義 基本的人権の尊重が盛り込まれていることをあらためて確認できました。

原文のなかに「われらはいづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって・・・・」という文章をみて ふいにトランプ大統領のことを思い出しました。

 

今のアメリカのトランプ大統領がいう「アメリカファースト」という言葉を思い出しました。

 

アメリカファーストという言葉から、私などは他国のことなどどうでもいい、・・・という印象を受けがちなのですが、

アメリカ政治に詳しい人の話によると(副島隆彦先生)

それはどうも違うようです。

 

これは「アメリカの国内問題が第一」という訳が正しいのだそうです。

アメリカの憲法はどうなのか私はわかりませんが・・・まずは自分のことは自分でやってくれというのがトランプ氏の考えだと副島氏は言ってました。(著書よみました)

一個人でも私はこの考え方に賛成ですし、自分のことがだれしもがまずは第一です。

私はダンシャリアンですが、

断捨離風にいうならば、自分軸を確立してこそ、他人との距離感がはかれる、という解釈をしました。

 

他国を無視してはならない・・・というのは

自分勝手な振る舞いをしてはならないということ、つまりは他国に戦争をしかけたりしてはならないという意味なのかなあと私は思いました。