塚田薫「日本国憲法を口語訳したら」 第3章 国民の権利及び義務 ②

第15条 第2項 「すべての公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」

 

とあるのですが、この文をみて思い出したのが、森友学園問題と加計学園問題での安倍総理はじめ、その周りの官邸、文部科学省などの官僚たち。

この人たちって議員さんも含めて「公務員」ですよねえ・・・

この問題にからんだ人たちは、否定はしていますが、私などのひとりの国民からしてみたら、一部のお友達に優遇してやったんじゃないの?という疑惑のもやもや感が漂う。

 

また、第15条には 「公務員を選定し、およびこれを罷免することは国民固有の権利である。」

と書かれてあり、

公務員を選んだり、辞めさせたりできるのは、俺たち国民の権利だよ」と口語訳されていました

 

そういうことも踏まえて10月22日の衆議院選挙に行きましょう!