「知ってはいけない 隠された日本支配の構造」読みました。

この本です。メインブログにも書きました。

詳しい読書感想はこのブログと思ってここに書いています。

 

知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)

知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)

 

 

 

平成29年11月18日の福島民友新聞より。

地元書店の10位内にもはいっていました。

売れているようですね・・ただし、毎週土曜日にランキングが載っているのですが、ランキングの上下変動が激しいですね。

次週はどうなるかわかりません。またどういう売り方で売っているのかもわかりませんし、

このランキングもあまりあてにならないような匂いも感じます。

本屋の思惑によって、大量に目立つところに置いてあれば、手にとってみる人も多いでしょうし。

ただ、この矢部さんという人はあまりテレビにはでないし、(テレビ朝日のニュース番組にはでていたようです)

売れている作家さんでもないような割には、

ランキングしているということは、やはり売れているんでしょうかね。

さすがに有名作家の佐藤愛子さんの本はコンスタントに売れているようです。

 

 

郡山市内でも買って読んでいる人はいるのですね。

私のようなものは知ってはいけなかったのかな・・・なんても思いました。読後、軽いめまいを起こしました。

知ったからと言って、私などのようなものにはどうすることもできない問題だし・・・・

 

これは政治や外交などの大きな問題で、もっと骨のある国会議員や外務官僚がすべき仕事ではないかとも思いました。

具体的な解決策はないんだろうか?

我々のような一般市民が出来ることはないかと思って、矢部さんが出演されているユーチューブの動画も見ましたが、

本当に、この問題を解決するには、長い時間がかかるという見解を示していて、

着手点になるような、具体的なことはあまり語っておられなかったように思います。