森 功 著 「日本を壊す政商」 ② 竹中 平蔵 氏 がでてきました

この本の中に 出てきました。

 

日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈
 

 

 

 

竹中平蔵氏といえば、小泉政権で活躍したひとという印象が強いです。なんでもかんでも規制緩和する・・みたいなそんな印象です。

竹中氏は、テレビなどにでるときも肩書きは

○○大学教授であり、大学の先生なんだ・・・っていう印象が強いです。

一民間企業である「パソナ」の会長であることは、なんだか隠しているような感じがします。

知らない人も多いんじゃないかな。

2009年8月から竹中平蔵氏は、パソナの会長に就任したようです。

パソナは人材派遣業の大手です。

竹中氏と南部氏が知り合ったきっかけ、それは南部氏がまだ若いころ、父上に連れられて、経済企画庁などにあいさつまわりにいったときのようです。

そこに竹中氏がいたらしいですね。

竹中氏は、現在、産業競争力会議とかの委員などもしておられます。

内容はよくわからないのですが、ナントカ諮問会議・・・と名前のつくものは、多くの経済界の重鎮や

学者、大物企業経営者が名を連ねています。

そこで話し合われたことが、そのまま日本国の政策に反映されているようです。

でも、これっておかしくないですか?

選挙で国民から選ばれた国会議員などが国会で決めた政策ならば、国民の意見が反映された民主主義的だといえるけれど、選挙でえらばれてもいない、一企業の社長さんたちの意見で国の政策が決められてしまう。おかしいですよ!

米国にもこうしたシステムはあるようで、「回転ドア」といっているようです。面倒な野党の突っ込みを回避できて、国民の反対もかわして、すぐに閣議決定で日本国の方針が決まる・・・

ある意味すごく効率のよいシステムなのでしょう。

ナントカ諮問会議というのはとりわけ「日本版回転ドア」とでもいったらいいのでは?

昨今は、テレビのニュースでみると、このナントカ諮問会議には外国人もまじっていますね。

竹中平蔵氏のように、一民間企業の会長がナントカ諮問会議にいて、

日本国の政策についてあーだこーだと話し合っていることが、自分たちがいる会社の商売がうまくいくような政策を提言し、利益を生み出すように仕向けている「我田引水」に見えませんか?

パソナはおかげさまで公共ビジネスで利益をだしています。

防衛省の福利厚生を一括受託したそうです。

労働の自由化をうたって、労働市場の規制を緩和し、

 

人材派遣会社に有利なようにもっていっているようにしか見えません。

民間企業にとっては、固定費を抑えたいので、安く使える派遣に魅力を感じています。

企業の採算が合わなくなったらすぐクビに出来る、

人を「部品」のように扱っている場面が映画「ハゲタカ」にもありました。

製造業の人材派遣の規制緩和をすすめたのも竹中平蔵です。

これがいろんな意味で大きな転換点になったと思います。

リーマンショックのときに大量の派遣切りがあり、こうした製造業の派遣の人たちが首を切られ社会問題になりました。

竹中平蔵氏は新自由主義とか言う政策の一派のようで アメリカのように日本も規制緩和して産業の競争力を高める方針のようです。

安倍政権も竹中平蔵氏の意見に賛同しているようです。

おかげで非正規雇用の人間が増え 仕事を掛け持ちしないと生活が成り立たない人が増えました。

企業側も競争が激化した挙句 結局残ったところは大手企業などの競争力の高い企業。競争激化どころか、競争に勝てなかった中小企業は撤退を余儀なくされるので、大企業の寡占化が進みます。

これはオバマ政権時代のアメリカ国内にも似ています。

竹中平蔵氏はアメリカ留学の経験があります。

竹中氏は日本もアメリカのようにしたいのでしょうか?

地方の中小企業経営者はこの竹中平蔵氏のことが嫌いな経営者も多いです。

私の勤めている職場(中小企業)の社長も竹中平蔵氏のことをよく思っていません。

アメリカ国内でもこのような状況のようですが

アメリカファーストのトランプ大統領の出現で、アメリカも「国」を取り戻しつつあります。

規制緩和ですが、規制緩和しすぎてはいけない分野もあると思います。

医療や教育 水道などの分野です。

しかし 日本はどんどん規制緩和してその挙句 我々国民の生活が苦しくなってきていませんか?

税金や保険料の値上げがひどいし 物価も上がってきています。

私自身も生活がもっと楽になったらと思います。

防衛費ばかり増えて 医療費や年金は削られ 生活保護費や障害者手当までも減額?!すると言うニュースもありました。

国家戦略特区の話し合いでも竹中平蔵氏は絡んでいます。

国家戦略特区やナントカ諮問会議っていうのは

会議に参加している社長さんのごく一部の大企業や

総理と仲の良いお友達にだけ恩恵をもたらすものとしか私には思えてなりません。

 

おなじくはてなブログにて、詳細に竹中平蔵氏の「実績」を書かれたかたのブログをみつけましたよ。

ブログ書いたかたもすごい取材力ですね!

びっくりしました。